大学生の麺食記

大学生によるグルメ雑記(主にラーメン)

阿夫利山の天然水にこだわった至極のラーメン店、『ZUND-BAR』に行ってきた話

 

 

台風も去って、やっと肌寒くなってきましたね。

 

 

個人的には、寒い時期に食べるラーメンが一番美味しいと感じます。

 

 

今回は、ドライブも兼ねて宮ヶ瀬の方まで行った時に訪れた厚木の名店、

 

ZUND-BARについて紹介したいと思います。

 

 

 

f:id:kodaira_ramen:20191025191039j:plain

山奥にひっそりと佇む、雰囲気ある外観です

 

一言メモ

 

このお店は海老名の名店中村屋店主の兄が経営しており、姉妹店には東京・神奈川

 

を中心に展開しているAFURIがあります。

 

過去に『中村屋』さんのラーメンを食べたことがあるので、神奈川淡麗の系譜を感じら

 

れるか非常に気になるところです。

 

 

 外観・外装

 

ここは駐車場も広く、33台も停められるスペースがあります。

 

近くに小川も流れており、非常に澄んだ水が見られました。

 

また、外には入店待ち用のベンチが設けられています。

 

 

この日は平日に訪れ、また開店と同時に着いたため先客はいません。

 

 

入店

 

いよいよ開店の時間になり、店内に入ると思っていたより広い店内に驚きました。

 

(後日、食べログの店舗情報を調べてみると、テーブル25席、カウンター7席と、合わせ

 

て32席あるとのことでした。)

 

 

案内されたのは入って手前右側のテーブル席。

 

周りを見渡すと、ここだけ白いテーブルなんですね。

 

 

注文

 

メニューを見るとベーシックな塩・醤油らーめんや柚子らーめんの他に、つけ麺やご飯

 

もの、デザートと、非常に充実しています。

 

 

また、らーめんを注文すると鶏油の量で「淡麗(少なめ)」、「まろ味(多め)」を選ぶこと

 

ができます。

 

お店側としては、塩には「淡麗」、醤油には「まろ味」がおすすめのようです。

 

 

着丼

 

着席してから10分、15分してからでしょうか。

 

f:id:kodaira_ramen:20191026024340j:plain

炙りチャーシューらーめん(醤油)、まろ味を選びました

 

 

見た瞬間、『AFURI』のラーメンを想起しました。(こちらが本家ですが)

 

 

鶏・魚介の出汁に、阿夫利山の天然水を合わせた非常に澄んだスープ、全粒粉入りの極

 

細麺。

 

非常に綺麗です。

 

トッピングは香ばしい炙りチャーシュー、細かく刻まれたメンマに、海苔と水菜、味玉

 

が丼を鮮やかに彩っています。

 

 

実食 

 

 

さて、スープを一口飲んでみます。

 

 

 

「おお、、、」

 

 

見た目の通り、一切の雑味を感じさせません。

 

 

鶏の旨味と昆布や鰹、煮干しといった魚介の出汁が、鶏油によってコーティングされて

 

いることで冷めにくくなっているのも良いですね。

 

 

麺とスープの相性も抜群で、あっさりではありますが、深みのあるスープに細麺が非常

 

によく合います。

 

 

トッピングに関しては、炙りチャーシューが特に美味しかったです。

 

厚みもあり、肉肉しさが感じられる丁度良いバランスです。

 

また私自身水菜が得意ではないのですが、これは瑞々しくシャキシャキとした歯ごたえ

 

があり、独特の苦味は一切ありませんでした。

 

味玉・海苔に関しては、特筆すべきことはありません。

 

 

総評

 

素直に美味しかったです。

 

想像以上。

 

特にスープはいつまでも飲んでいられるような、そんな魅力がありました。

 

再訪したら塩らーめんやつけ麺、ご飯ものも試してみたいと思います。

 

ただ、かなり山奥にあるので行くなら車かバス

 

をお勧めします。

 

 

それでは、ご馳走様でした。

 

 

店舗情報

 

住所 : 神奈川県厚木市七沢1954-1

 

 

営業時間 : [月~金]11:00~21:00

                 [土日祝]9:00~21:00

                 (中休み無し) 

 

支払い方法 : カード可(VISA,MASTER)

                     電子マネー