大学生の麺食記

大学生によるグルメ雑記(主にラーメン)

山奥にひっそりと佇む隠れ家的名店、『麺工房 隠國 愛川本店』に行ってきた話

 

こんにちは。

 

 

この間まで寒い寒いと言っていましたが、一転して急に暖かくなりましたね。

急激な気温差は風邪や体調を崩しやすい原因にもなりますので、お気を付けください。

 

 

ということで、今日は神奈川県愛甲郡愛川町にありますラーメン店、麺工

隠國愛川本店に行ってきましたので、お伝えしたいと思います。

 

 

(外装の写真を撮ってくるのを忘れました・・・スミマセン)

 

 

一言メモ

 

 

以前、某グルメサイトで見てから気になっていたお店。

 

かなり入り組んだ立地のため、車でないと行くのが困難です。

 

 

入店

 

木曜日の11:40頃に着きましたが、駐車場には既に多くの車が。

 

入店すると、中待ちが発生していました。

 

店内は非常に凝った作りになっていて、木を基調とした趣のある内装になっています。

 

 

注文

 

 

椅子に置かれたメニューを見て、注文を決めます。

 

2、3分して店員さんが来て、「隠國らーめん(醤油)」森薫る丼ぶり」を注文。

 

伝えるとすぐにカウンター席に案内されました。

 

 

着丼

 

 

5分もしないうちに到着。

 

f:id:kodaira_ramen:20200131040948j:plain

隠國らーめん・650円

 

 

淡麗系の綺麗な見た目です。

 

トッピングには珍しい焦がし葱が乗っており、香ばしい匂いが漂っています。

 

 

実食

 

それでは、スープから。

 

f:id:kodaira_ramen:20200131041157j:plain

スープ

 

口に含むと、凝縮された豚や鶏、魚介系の旨味を感じます。

 

また、飲みやすいすっきりとした味わいの中に、深みやコクがあります。

 

 

塩分は強めかな?

 

 

というかめちゃくちゃ熱い。

 

 

 

お次は麺をいただきます。

 

f:id:kodaira_ramen:20200131041620j:plain

自家製手揉み麺

 

 

麺は細め、ツルツルとしたすすり心地で、コシもあります。

 

手揉みによって縮れた麺にスープがよく絡み、もう一口、もう一口と箸を進ませます。

 

 

HPを参照すると、この麺は強力粉とうどん粉をブレンドして製造しているようです。

 

 

 

続いて、丼です。

 

f:id:kodaira_ramen:20200131042543j:plain

森薫る丼ぶり・350円

 

 

丼からは、燻された豚チャーシューと、梅の酸っぱい匂いが香っています。

 

このチャーシューはラーメンに入っているものと同じかな?

 

丼の脇には煮白滝が添えられており、わりと簡素な見た目です。

 

 

味はまあまあ美味しかったですが、個人的には梅塩ダレの独特な香りが少し苦手でし

た。

 

 

 

総評

 

 

お腹いっぱいです。

 

お店を出ると、外待ちが二名ほど発生していました。

 

 

立地が悪いにも関わらず、開店からかなりの数のお客さんが入っているのを見ると、地

元に愛されているお店なんだなと感じました。

 

一度訪れてみる価値はあると思います。

 

 

また、定休日やそれ以外の休業も少なくないため、行くときは前もってHPで営業日を確

認することをおすすめします。

 

 

 

 

それでは、ご馳走様でした。

 

 

 

店舗情報

 

 

住所 : 神奈川県愛甲郡愛川町角田768-9

 

 

 

 

 営業時間 : 平日/11:30-14:30

                  土日祝/11:30-15:00

                  (早仕舞いのことも)

 

定休日 : 月曜日、火曜日(祝日の場合は翌日)

 

店舗HP : 

www.komoriku-z.com